読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸ログ

使命感に狩られないようにがんばります

fishshellの導入方法 mac編

bash fishshell oh-my-fish PATH shell zsh コマンド 補完

fishshellのインストール

macのfishshellの導入はhomebrewで簡単に出来てしまいます。

$brew install fish 

homebrewが導入されていない方はMacにHomebrewをインストールするを参照してください。


fishshellを適用する

fishshellの居場所を知るためにwhichコマンドを使用します。
chsh -sでデフォルトのシェルに変更します。
僕の環境の場合

which fish
chsh -s /usr/local/bin/fish

ここでエラーを起こした方…おめでとう、私もです←

chsh: /usr/local/bin/fish: non-standard shell

と怒られた場合は viなどで/etc/shellsを編集します。
ファイルの末尾に/usr/local/bin/fishと入力し保存してください。
そして同じようにchsh -sを実行してください。
完了したらターミナルを再起動してください。
成功していたら、これであなたもfish族の一員です!


oh-my-fishのインストール

oh-my-fishのインストールも簡単です。
bpinto/oh-my-fishにあるコマンドを打ち込めば完了です。

curl -L https://github.com/bpinto/oh-my-fish/raw/master/tools/install.fish | fish

テーマの変え方

fishshellの設定ファイルは.bashrcや.zshrcではなく、

$HOME/.config/fish/config.fishです。  

Githubからテーマを選びます。
テーマを決めたらviなどでconfig.fishをこのように設定してください。
僕が選んだテーマはcoffeeandcodeです。

#Thema
# set fish_thema coffeeandcode
set fish_thema coffeeandcode

完了したらターミナルを再起動してください。
テーマが変更されます。
変更されてない場合は誤字脱字を探してみてください。


PATHの通し方(おまけ)

テーマの変え方でも書いたとおり、
fishshellの設定ファイルは.bashrcや.zshrcではないです。
PATHの通し方も変わります。
僕もPATHの通し方が分からず悩んでしまいました。
fishshellの設定ファイル$HOME/.config/fish/config.fishにこのように記入すればPATHが設定できます。
例ではcaskのPATH設定です。

set -g -x PATH $HOME/.cask/bin  $PATH

私はPATHの通し方で30分以上時間を使っちゃいました笑。